横浜には地元に多くの工務店がありますが、注文住宅を依頼するための選び方にはポイントがあります。まず業者にはハウスメーカーの下請けとしての家作りを行うものと、自社で新築の家作りを行うところがあります。たとえどれほど下請けとして家の施工を行っているとしても、自社で設計しているところを選ぶ必要があります。施工経験が豊富であれば、職人の技術は磨かれます。けれどもその技術を生かすためには、きちんと設計ができることが大切です。施主の希望を叶える家作りには、それなりの設計技術が必要になります。そしてその設計にも豊富な経験が求められます。そのために中には設計事務所と提携して家作りを行う業者があります。けれども施主の相談を受けることから施工までを一元化で取り組める業者が必要となります。

業者選びで重要なポイントについて

横浜の工務店の中で、どこに注文住宅建設を依頼するかは大きな選択肢となります。まず豊富な設計経験を持つことが必要ですが、さらに他社との差別化をどのように図っているのかも大切です。例えば近年人気の天然素材を使った家作りであれば、どのようにその素材を活用しているのかといったことになります。あるいはゼロエネルギーを目指すためにどのような取り組みをしているのか、デザイン性と機能性をどのように高めているかということもあります。それぞれに強みと言えるものがありますが、施主の希望を叶えるために役立つ強みは何かを調べることも重要です。最初の相談の際に、まず設計にどのようなこだわりを持っているのかを訪ねてみるのも効果的です。単に施主の希望を聞くだけでは、一貫性の無い家となってしまいます。

下請け業者に任せないことも大事です

横浜では注文住宅の人気が高いので、工務店の中にも施工は下請けに任せるところがあります。けれども、たとえどれほど技術力のある下請けに任せるとしても、施主の希望を叶える家を建てるのであれば自社での施工にこだわる業者が必要です。まず下請けに任せる時点でマージンが発生しますし、その分費用が高くなります。そこで予算を抑えるために材料のコストを下げるようになってきます。これは品質を低下させる原因にもなるので、必ず自社生産を行うところを選ぶ必要があります。また自社の職人の教育に力を入れていることが大事です。工務店の注文住宅はハウスメーカーとは異なり、品質の安定性はあまり求められません。それよりも細部までこだわって高品質となる施工をすることが必要となります。

家族構成や日当たりなど様々な条件から、理想的な家にすることができるでしょう。 コンセプトを元に施工した見どころあるドリームハウスの紹介しています! 神奈川県にある本社だけでなく、横浜にも事務所を構えています。 施工例の実績データを内観の写真と共に大公開しています! こちらでは年間400棟の住宅を建てている会社で格安の家づくりができます。 四季に合わせた素材を使うことで断熱効果をUPさせています。 横浜で注文住宅なら工務店「ビルドアート」