横浜の工務店に注文住宅を依頼する流れ

横浜で工務店に注文住宅を依頼する場合は、一定の流れを経ることになります。住宅を依頼する場合は、すでに土地を取得していることが前提となります。土地の取得がまだの場合は、不動産会社等に依頼して、土地を取得しておく必要があります。依頼は電話やメールでの申し込みから始まります。先方の事務所を訪れて、直接依頼する方法もあります。依頼までにしておくことは、資金の確保です。住宅ローンを組む場合は、金融機関と事前の相談を済ませておく必要があります。住宅を依頼した場合は始めに現地調査と打ち合わせが行われます。打合せで大まかな方向性が決まると実施設計が行われ、建築確認申請が行われます。同時に見積もりと工事の契約が行われ、建築確認申請が許可になると同時に建物の工事が着工になります。

申し込みからから建築確認申請までの流れ

横浜で工務店に注文住宅を依頼する場合は、設計と工事の二つの工程に分かれます。通常、料金はそれぞれの工程で発生します。設計業務は打ち合わせから始まり、建築確認申請で完了します。設計段階の山場は間取りの決定です。始めはスケッチ程度の間取り図がつくられます。その時点で気にいらなければ、始めからやり直しを求めてもかまいません。打ち合わせが進み、平面プランが確定すると、実際の工事を行うための実施設計に入ります。平面プラン確定以降の変更は原則としてできません。注文がある場合は平面プランが決定する前に指示しておく必要があります。実施設計が終わりに近づくと、工事費の見積りが始まります。見積りの額が想定していた予算内にない場合は仕様が見直されます。その後に建築主の名で建築確認申請が行政機関等に出されます。

着工から引渡しまでの流れと工事費の支払い

横浜で工務店に注文住宅を依頼する場合は、建築確認申請が許可になると同時に工事が着工になります。通常は着工の前に、建築主の主催による地鎮祭が行われます。工事は依頼した会社の現場監督が指揮し、下請けの職人によって実際の作業が行われます。建築は多くの工事種別に分かれているので、入れ代わり立ち代り、異なる職人が現場で作業します。現場の見学は現場監督の許可を得て、工事の妨げにならないように行う必要があります。最上階の棟木が上がった段階で、上棟式が行われます。建築主と工事関係者が一堂に会する最初で最後の貴重な機会となります。上棟式が終わるとサッシ工事や内装工事が始まり、工事は仕上げ段階に入ります。その頃には引っ越しの準備を始めなければなりません。工事費の支払いは数回に分けて行われるのが普通です。工事の完了後、公的機関の検査を経て、建物が引き渡されるのが流れです。